フェリシモキット使い切りチャレンジ第3週

JUGEMテーマ:編み物

馬柄とウェーブ柄

 

ちょっと前にTwitterの編み物アカウント界隈ででセーターブックが話題になっていたので、久しぶりに家にあるセーターブックを出してみました。表紙を並べた写真を貼りたいところですが、権利の関係でダメらしいので、タイトルと内容紹介を書きます。

 

「ジョン・レノン セーターブック」

 ジョンの没年が1980年、この本の発行が1999年なので、ジョンをモデルに起用したセーターブックではありません。かといって、生前ジョンが着用していたセーターに似た雰囲気の作品を紹介してるわけでもありません。なんだそりゃ?と思ったら、当時オリムパスから出ていた毛糸にジョン・レノンシリーズというのがあったそうで、その糸を使った作品集です。

 

「素晴らしき編物野郎 男が編んで男が着る」

一般男性が編み物をするようになったきっかけを語るインタビューページと、その方のデザインした作品の紹介。着用するモデルは野々村真さん、雨宮良さんなど当時の若手スター。インタビューページがけっこう面白くて、読み物として楽しいです。

 

「ビートたけしFICCEのニットを着る」

これは、編み物してる人の間では割と有名な気がします。すごく派手で個性が強くて、実際に着用できそうな作品が一つもないところがお見事。

 

「反町隆史 俺のセーター」

完成したら反町さんが「俺のだ!」と言って回収に来そうなくらいの勢いのタイトルがナイス。デザインはけっこうスタンダードで、ガーンジー風あり、アランあり、編みこみありで飽きなさそう。

 

「麻実れいが着るKnit&Ribbon」

女性モデルのセーターブックはちょっと珍しいかと思います。宝塚男役トップだった方なので、とにかく写真ページがかっこいい!麻実さまのファンは写真集としてお手元に!ニットとリボンを組み合わせた編み地で、そのまま編んでみたい作品あり、部分的に取り入れてみたい作品ありで、妄想が広がります。

 

Twitterがきっかけでセーターブックが復活したらいいな。誰のセーターブックが欲しいかのアンケートもやってるので、見込みあるかも?と期待しています。

スポンサーサイト

コメント