フェリシモキット使い切りチャレンジ第9週

アイリス柄とウェーブ柄。

先日ふと「罪庫」というワードで検索かけてみたら、洋裁をやる方が布の罪庫を抱えているというブログがヒットしました。ジャンルは違っても、皆似たようなことで悩んでいるようです。

 

フェリシモキット使い切りチャレンジ第8週

JUGEMテーマ:編み物

オールドイングリッシュ柄とクロス柄

ところで、このキットの正式名称は「なつかしさをつないで はじめてさんにもできる棒針モチーフ編みの会」といいます。どうして今さらそんなことを書くかというと、罪庫整理中に、このシリーズとは別のフェリシモキットを見つけてしまったからです。ギャー!!

フェリシモキット使い切りチャレンジ第7週

くぬぎ柄とダイヤ柄。

余り糸を捨てるか保管するかの基準って、みんなどんな感じなんだろうと思って検索かけてみたら、5cmであっても捨てられないという人がいました。しかも、針山の中身にしたり、つなげてマットを作ったりしてきちんと活用されてて、なんだか感動しました。私は50cmくらいあれば保管しますが、それより短いのはつなげてネコのおもちゃにして、ネコが飽きたら捨てています。それでもけっこう溜まってきたので、いつか余り糸で作った何かをアップしたいと思っています。

フェリシモキット使い切りチャレンジ第6週

ベルフラワー柄とウェーブ柄。

冬物セールで安くなったら買おうと思っていた糸は値下げされませんでした。喜ぶべきか悲しむべきか?

フェリシモキット使い切りチャレンジ第5週

ロシアンブルー柄とダイヤ柄。

ダイヤ柄は色の並びを間違えました。途中で気づいたんですが、家で使うものだし、まあいいやとそのままです。

フェリシモキット使い切りチャレンジ第4週

草ぼたん柄とウェーブ柄

糸の罪庫もさることながら、編み物本も、ついつい買ってしまいます。最近はPDFのダウンロード販売も多いので、場所を取らないということだけは助かっていますが、いつ編めるんだろう……でも、「この罪庫糸でこの作品を」と妄想するのはとても楽しいので、まあいいか(?)

 

フェリシモキット使い切りチャレンジ第3週

JUGEMテーマ:編み物

馬柄とウェーブ柄

 

ちょっと前にTwitterの編み物アカウント界隈ででセーターブックが話題になっていたので、久しぶりに家にあるセーターブックを出してみました。表紙を並べた写真を貼りたいところですが、権利の関係でダメらしいので、タイトルと内容紹介を書きます。

 

「ジョン・レノン セーターブック」

 ジョンの没年が1980年、この本の発行が1999年なので、ジョンをモデルに起用したセーターブックではありません。かといって、生前ジョンが着用していたセーターに似た雰囲気の作品を紹介してるわけでもありません。なんだそりゃ?と思ったら、当時オリムパスから出ていた毛糸にジョン・レノンシリーズというのがあったそうで、その糸を使った作品集です。

 

「素晴らしき編物野郎 男が編んで男が着る」

一般男性が編み物をするようになったきっかけを語るインタビューページと、その方のデザインした作品の紹介。着用するモデルは野々村真さん、雨宮良さんなど当時の若手スター。インタビューページがけっこう面白くて、読み物として楽しいです。

 

「ビートたけしFICCEのニットを着る」

これは、編み物してる人の間では割と有名な気がします。すごく派手で個性が強くて、実際に着用できそうな作品が一つもないところがお見事。

 

「反町隆史 俺のセーター」

完成したら反町さんが「俺のだ!」と言って回収に来そうなくらいの勢いのタイトルがナイス。デザインはけっこうスタンダードで、ガーンジー風あり、アランあり、編みこみありで飽きなさそう。

 

「麻実れいが着るKnit&Ribbon」

女性モデルのセーターブックはちょっと珍しいかと思います。宝塚男役トップだった方なので、とにかく写真ページがかっこいい!麻実さまのファンは写真集としてお手元に!ニットとリボンを組み合わせた編み地で、そのまま編んでみたい作品あり、部分的に取り入れてみたい作品ありで、妄想が広がります。

 

Twitterがきっかけでセーターブックが復活したらいいな。誰のセーターブックが欲しいかのアンケートもやってるので、見込みあるかも?と期待しています。

フェリシモキット使い切りチャレンジ第2週

雪華のリース柄とクロス柄

スポーツとか楽器など、途中で上達が足踏み状態になる時期のある趣味をやっている人から「編み物は苦しい時期がないし、実用的でいいな」と言われることがあります。「まあ、そうかな」と適当に聞き流していますが、私が抱えている恐ろしい量の罪庫糸を見せたらどんな顔するだろう……。中にはスポーツ用品とか楽器のコレクターになってしまう人もいるだろうけど、罪庫を抱えるニッターに比べれば少数派のはず(たぶん)。

フェリシモキット使い切りチャレンジ第1週

にわとり柄とウェーブ柄。

キットを編んだあとは編み図をセーターの柄にアレンジできる!と思って、このキットを定期購入した覚えがあるのですが、それを実行できるのはいつになることやら……

Opalアドベントカレンダー(2015)使い切りチャレンジ第12週

始めた頃は永遠に終わらないかと思われたアドベントカレンダー使い切りチャレンジも、

一週間で一玉使ってアップするという目標のおかげで、

最後の一玉にたどり着きました。

24日の窓に入っていた毛糸。

紺色メインでところどころに赤系や少し薄い青の入ったいい色。並太でこんな色があったらセーターにしてみたいです。

2015年のアドベントカレンダーなので、途中まで編んで3年ほど放置していたのが、ゴールを迎えることができて感無量です。

幅72cm、長さ189cm、ヨガマットより少し大きいくらいのサイズです。

ソファに2〜3人並んだときのひざかけにぴったり。

とはいえ罪庫糸はまだまだあるので、来週からはこちらのフェリシモキットを週一で編むのを目標にします。

作り方シートと毛糸玉6つ(合計でおよそ100g)が入ったキットで、編み込み模様のモチーフが二枚作れます。たくさんつなげてベッドカバーを作ろうとしていたのですが、これも途中になっていました。

なお、このキットを何セット放置しているのかは、恐ろしくて今のところ数えていません。

完成の暁にはきちんと数える予定です。